Table of Contents
Author: 埴輪(はにわ)
Summary: 『――働いたら負けなんて、どこの馬鹿の言葉だ?』

三十歳のニート「山口幸太」の前に現れた「WOD社」のエージェント「如月」は、幸太に一つの選択を迫る。

「働くか、死ぬか?」

近未来の日本を舞台に、働くこと、そして生きることに想いを向けた短編小説です。

主な登場人物

幸太・・・三十歳のニート
如月・・・「WOD社」のエージェント
Price: ¥100

Share