Table of Contents
Creator: 川﨑 キヨ
Summary:  おじいちゃん、ごめん……。

 ちょうど街がシドニー・オリンピックで盛り上がっていた頃、俺が故郷のイリノイ州の田舎町に久し振りに戻ったのは、ニューヨークの自宅アパートにかかってきた祖父からの電話がきっかけだった。
 86歳の祖父は元十種競技のオリンピック候補選手で、引退後は地元で自動車販売や不動産業、飲食業で成功するが、大人になった子供達に跡を継がせると、さっさとビジネスからも身を引いて、地元の大学でボランティアで陸上部のコーチをしながら、農業を営んでいた。
 また10年前に祖母が亡くなると、キャンピングカーで気ままな1人暮らしを謳歌していた。
 1980年にモスクワ・オリンピックをアメリカがボイコットした時、祖父はアメリカにもソ連にも激しく憤慨した。そして、「うちの家族だけでオリンピックをする」と言い、祖父の息子と娘の4人家族に分かれて、様々な競技をした。
 こうして、「おじいちゃんオリンピック」が始まり、以来、毎回オリンピックの時期に合わせて開催されている。
 しかし、俺は故郷を離れてから、ここ2回参加していない。
 俺は祖父と同じくかつて十種競技のオリンピック候補選手だったが、大ケガをして選手生命を断たれ、そのきっかけで大学を中退し、故郷を出た。
 その後、あちこちで問題を起こし、今はニューヨークのダウンタウンに移り住み、酒浸りのすさんだ生活をしていた。
 そんな俺だったが、祖父に電話で、「末期ガンで、今回のオリンピックが最後になるかもしれない」と告げられて、居ても立ってもいられずに、急遽故郷に戻ったのだ。
 久し振りの家族との団欒。
 かつての愛した女性との再会。
 そして、何よりも祖父と会えたことほど、心揺さぶられることはなかった。
 祖父は昔のまま、俺の知っている祖父だった。
 そして、俺は最後の「おじいちゃんオリンピック」に臨んだ。
Price: ¥350

Share