Table of Contents
Author: kon3。
Summary: あいどるシリーズ 第二弾/ 【あらすじ】この物語のコンセプトは『出会い』です。

多くの人はいろいろな人との『出会い』で『人生』を変えてきているのです。そして、それは『出会い』によって『相手の人生』をも変えてきていることとも言えます。いい方向に行けば、悪い方向にいってしまう人もいる。それは『相手』の責任でもあり、自分の責任だとも言える。そんな不思議な『人との出会い』をこの物語は語りたいのです。

 ある時『紺野晴弥』のもとに『寿 太郎』という男が現れる。彼は『紺野』に新製品ゲームのモニターになってくれと頼むのだった。それが『仮想体験ゲーム・ビバリュウム』だ。それは『現実感のある仮想』がみれるものだった。『紺野』はそこでもう一度『高校生』を体験することになるのだが、彼の観る世界は只の高校生活でなく、高杉晋作や伊藤俊輔などの幕末の志士が登場する世界なのだ。『寿』の話では、それは『紺野』の中にある意識がこの装置を使って『形』となって現れてものだと言うのだ。

 一方『現実』の世界ではもうひとつの物語が進行していた。それは『如月くみこ』というスターの話だ。彼女は芸能界にデビューしてあっと言う間にスターになった娘だった。しかし、彼女はいつも『自分』というものを見つめていた。彼女は何か違うものをいつも感じている女の子だったのだ。それが何なのかを探しているのだった。

しかし、いつも『紺野』と『如月』には不思議な声が聞こえてきたり、人との出会いが、彼らを導いてくれている。まるでラジオのDJのように・・・


Price: Free

Share