Table of Contents
Author: 積緋露雪
Summary: 沈思黙考の中で絶えず自問自答してゐる中で、どうあっても己に対して詰問と答へを問はれる言説を詩のやうなものとして書き上げた作品の第七弾。
Price: ¥100

Share