Table of Contents
Creator: 川﨑 キヨ
Summary:  松田は地元で大きな不動産会社を経営していた。
 しかし、仕事は順調だったが、なぜか心が満たされない毎日を過ごしていた。
 そんなある日の夜、学生時代に付き合っていた里子の夫から、突然「2日前に妻がなくなった」という電話が入った。
 里子は松田が唯一心から愛した女性だった。
 里子が死んだ……。
 気持ちの整理ができない松田だったが、それが里子の遺言だと聞かされて、葬儀に参列することにした。
 しかし、初めて訪れた街の駅を出て右往左往していたところ、運悪くハトのフンにみまわれて、上着を汚してしまった。
 上着を買おう。いや、借りられれば一番いいんだが……。
 そう思いながら、周辺を当てなく歩いていると、目の前に「おもひで屋」と書かれた看板を見つけた。
 古い木造の平屋の建物だ。
 松田はそのノスタルジックな名前に魅かれて、思わずのれんをくぐった……。
Price: ¥300

Share