Table of Contents
Creator: 川﨑 キヨ
Summary:  娘が亡くなった。
 まだ高校2年生だ。自宅と高校のあるA市とはかなり離れているB市の駅前を歩いていたところ、危険ドラックでイカれた男が運転する車によって、尊い命を奪われたのだ。
 2年前に病気で愛する妻を亡くしてからというもの、娘は私を本当に支え続けてくれた。心を患った私のために、大好きな部活を辞めてまで、できるだけ私と一緒に過ごしてくれた。
 そんな娘の献身的な支えと一緒に過ごす穏やかで優しい時間によって、私は再び自分自身を取り戻すことができた。
 娘とはいろんな話をした。中でも、特に娘が興味を示したのが、かつてチークタイムで「アマポーラ」が流れる中、タキシードを着た私が白いドレスを着た妻にプロポーズした話だった。映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」でロバート・デ・ニーロ扮する男が愛する女性と海辺の高級レストランで踊るシーンが大好きだった妻は、とても喜んでくれた。
 そして、私達は一緒になり、娘が生まれた。
 それなのに……。
 ある日、亡くなった娘から期日指定で招待状が届いた。
 そこにはB市のレストラン「潮風」で、私と妻の結婚記念日の食事会を行われると記してあった。そして、今の私の寸法に仕立て直されたタキシードまで届けられた。
 そして当日、私は娘の謎めいた行動に戸惑いながらも。「潮風」に向かった……。 
Price: ¥300

Share