Table of Contents
Author: のりたか
Summary:  静岡に住む岩田益男は製缶工場に勤めて十二年。三十九歳である益男は十歳下のわがまま妻、真由美には手を焼いていた。結婚から八年になるが子供はいない。真由美はパートなどにも勤めない。夫の収入がよく、多少の家事をする以外はなにもしない妻だった。過去に勤めていたが、会社では嫌われていた様子。益男は働き者でやせているが、真由美は背が低く太っている。容姿を気にしているからか、外出時は益男と一緒だった。益男は学生時代からおとなしく、友人も少ない。唯一中学時代の友人、高見憲三とは今も連絡はする。高見は過去に漫才師や俳優に挑戦するが実らなく、現在は作家を目指すフリーターの独身男性である。
 四月上旬の金曜日、高見から電話を受け近況報告をする。高見の応募作品が二次通過をしたと聞き驚いた。益男も建て売り住宅を購入した話しをする。益男は借家でよかった。が、真由美は住宅に住むのが夢であった。高見は一度驚いた。だが内容を聞いて耳を疑いだした。真由美の両親が住むという。どう考えても益男が買った新居。アパートに独り住む益男の母を受け入れるのが筋。高見は、断らない益男とずうずうしい真由美へ無性に腹が立った。
 翌日、高見と益男は新居で酒を飲むことになる。話題は新居に真由美両親が来ることだった。当然反対の高見はヒートアップになり真由美を罵る。益男も酔いで本音を語った。ふたりで真由美のことを『豚女、豚、豚』と連呼する。だが真由美はふたりの会話が気になりこっそりと来ていた。話を聞くとショックは隠せなかった……。






著者 のりたか。
1965年12月生まれ
静岡県静岡市出身
転機は小学三年生。水泳が厳しく脱走し登校拒否となる。担任が変わる小四から復帰。中学は楽譜が読めずにブラスバンドへ入部。譜面を一年で解読する。高校中退後、芸人に憧れて上京するものの、弟子になれず田舎に帰途する。その後、通信高校を七年で卒業。建設現場、トラック運転、郵便配達、演芸場、タクシードライバーなどを経験。同級生の漫画家に便乗しエッセイを出版。書く楽しみを知り近年は物語を書いている。

ご購読をお待ちしております。
表紙提供 メディバン





Price: Free

Share