Table of Contents
Creator: 川﨑 キヨ
Summary:  ここは、ツガノ公園。
 住宅街の中心部にあることもあって、いつも近所の老若男女で賑わっています。
 特に午後3時を過ぎると、学校が終わった多くの小学生が集まって、みんなで元気に仲良く遊びます。
 この公園で、長年みんなに「大統領」と呼ばれているのが太郎君です。
 太郎君は42歳。知的障がい者で、精神年齢は10歳程度。
 でも、多くの周囲の人達が認めるほど、誰よりも優しい心の持ち主です。
 そして、決まった時間になるといつもここにやってきて、小学校のお友達と一緒に遊んでいます。
 そう、太郎君は小さい頃からずっとここで大好きなお友達と遊んでいるのです。
 そして、1番年上ということもあるので、公園でのルールも教えています。
 みんなが一緒に楽しく遊べるように。
 時々お小言も言って。

 ある日、この公園に1人の男の子が姿を見せました。
 名前は、海辺つなぐ。
 つなぐ君は転校生で、お母さんが厳しい上、体が弱く習い事で忙しいこともあって、みんなと遊ぼうとはしませんでした。
 小学校でも自ら壁を作って。
 でも、偶然公園で太郎君と2人きりになったつなぐ君は、ほんの短い時間でしたが、子供らしく無邪気に遊びました。
 そして、そのことがきっかけで、他の友達とも仲良くなりました。
 その後、つなぐ君はお母さんに叱られても、自分の意志で公園に現れ、みんなと遊ぶようになりました。
 明日も明後日も、ずっとずっとお友達と遊んでいたいなァ……。
 「ツガノ公園の大統領」の太郎君は、みんなを見守りながら、そんなことを思いました。
 
 ところが、ある日、ツガノ公園で悲しい出来事が起こりました。
 楽しい場所であるはずのこの公園で……。
 街中の人達が涙する悲しい出来事が……。
Price: ¥300

Share