Table of Contents
Author: kon3。
Summary: あいどるシリーズ 第三弾/ 【あらすじ】 電話をかけると留守番電話のメッセージがでてきた。そのメッセージと切れるまでの録音される僅か数分の間の出来事をドラマとして作り上げたストーリーです。

 そこには多くの『人の意識』がデジタル化されていて、この『ネットワークの街』を舞台として人々の生活は展開していきます。この物語の本当の主人公は『街』なのです。そして人々は只それを表現しているのです。だから、この街に来る人は『何』もなく『出会い』を見つけにやって来ます。そしてそれを見つけ人は今度は多くの人との『出会い』を求め『別れ』ていくのです。

 主人公の『レイ』と『イチ』はそんなネットワークで創られた社会の『水鏡町』の中でいろいろな経験をしていきます。『思考するコンピュータ』『情報の中で生きる女』『生存するために肉体あるものをコピーして生きる「情報の泡」』等、『レイ』と『イチ』を通して『未来のネットワーク社会』をいろんな角度で見ていくのがこの作品のメイン・コンセプトです。

 そしてそこに住む人々もユニークな人達で国籍も問いません。それに時々でてくる不思議な人はこの街のもうひとつの一面を除かせます。それは『狂気』というものですまた、『レイ』と『イチ』はこの街の『根源』にも出会います。そして、『レイ』と『イチ』は『情報』を追い、この街を創りだしている『コンピュータ』、更に『神もどき』のものから、ひとりの『人格』をもつものの『意識』へと移っていきます。しかし段々その『人物』の人格さえも疑わしいものになっていきます。果してその『人物』は「天才」なのか、それとも「狂人」なのか。それは、この物語を見ていく(又は読む)人だけが創っていくものなのです。
Price: Free

Share