Table of Contents
Author: む た
Summary: この国には確かに八百万の神様が存在する。その神様と橋渡しを担う役職を国民は「惟楽(かんながら)の者」と呼び、彼らは歴史の中で政治にも介入する大きな権力を得た。そんな時、外国から伝わった一神教の教えに、神道を国教とするこの国は混乱の時代を迎え始める。混沌とする時代の中で、一人の騎士を伴って旅をする娘がいた。これは、一人の女の子とそれを取り巻く人々の、成長と恋の物語。
Price: Free

Share