Table of Contents
Author: 積緋露雪
Summary: 《闇の夢》を見て、嗤ってゐた《吾》に驚き、何をして《吾》は《闇の夢》を見て嗤ってゐたのか、只管思索したその記録と言ってもいい作品です。

《闇の夢》を前にして、《吾》は己の存在そのものを唯、嗤ってゐたのではないかとの疑念の中、果たして《吾》はその存在の根拠を見つけられたのであらうか。

《闇の夢》を前にしてその存在といふものに動揺した《吾》の慌てふためく《吾》の様が滑稽で、しかも哀しいモノローグ作品です。
Price: ¥150

Share