Table of Contents
Author: 川﨑 キヨ
Summary:  これは今から100年以上も前のお話。

 僕は誰?
 僕は一体何者なの?

 僕は生まれて間もなく上海で売られた。1ドルで。
 だから、名前はワン・ダラー。
 僕は本当の名前も自分の両親も何も知らない。
 そして、世界一周をする豪華客船ヴィクトリーのコックであるアメリカ人のボブに育てられた。
 そのボブの口癖だったのが、

 自分の足で歩め。知らないことを知れ。それを恐れるな。

 ところが、僕が15歳の時、そのボブがお酒の飲みすぎで亡くなった。
 そして、悩んだ挙句、僕は大金持ちの息子のニックと一緒にサンフランシスコで船を下りる決心をした。
 その後、僕はチャイナタウンで中華料理店の店主マーさんや恋人のキャサリンとも出会って、とても幸せだった。
 でも、なぜか幸せを感じる度に、あの思いが募っていった。

 僕は誰?
 僕は一体何者なの?

 そして、船から下りて5年後、僕はキャサリンと共に上海に旅立った。
 本当の自分をさがすために……。


 ※ この作品は前回よりも「児童文学」に近い作品です。ぜひ大人の人は童心に戻って、読んでもらえたら幸いです。2008年作。 
Price: ¥300

Share