Table of Contents
Author: 岬健太
Summary: ①空は広大で・・・鬱屈とした日常に生き苦しくなった時、視線は広大さを求める。
しかし、見れば映るのは四角い物体だけ。でも上を見上げれば、広大な空が待ち受けている。
②暗黒の海へ・・・現実に抗い、疲れ果て己の無力さを痛感した彼は、助力を求める。
しかし、それは叶わず彼は真夜中、海を目指して歩き出す。
③絶望から希望へ・・・絶望した青年は旧友の予期せぬ再開に導かれ、創作活動へ力を注いでいく。
彼は絵描きを志すようになる。それは彼にとって明日を生きる活力となっていく。
Price: Free

Share