Table of Contents
Author: のりたか
Summary:  お笑い芸人として成功を目指す主人公の奮闘と挫折の物語。芸人をめざし、静岡から上京した高山正義。芸人を多数抱える、大手プロダクション経営の芸人養成学校に一年通う。そこで山口英之と知り合い、『ガッツマン』を結成。養成学校の卒業ライブでみごと合格となり、プロダクション所属芸人となる。新宿ナミキ劇場が主な仕事場。そば屋のバイトと平行し生活をする。
 あるとき山口を好む女性が現れ、彼女とわずかな同棲。が、身内の脅迫状により、別れるはめになる。
 テレビ関係が集まる半期に一度のナミキライブで、ガッツマンは関係者の目にとまり、テレビのレギュラー番組へ起用。すると地方営業の仕事も増えた。
そば屋では配達が主。芸人仕事が増したので、バイト日数を減らすころ、高校時代つきあっていた良美と再会。離婚歴のある彼女は積極的に正義へ近づき、再度つきあうことに。
だが彼女は婚歴が原因で、内なる病を呼び起こし自殺未遂を。正義は過去を忘却させるほど愛をそそぐ。
 芸人仲間と刺激し合い、レギュラーも増えたガッツマンは、徐々にステップを踏む。だが、あるときからスランプとなり、長年勤めたそば屋を辞めた。生活には困らず芸に磨きをかけた。が、不注意によりチンピラにからまれ入院。芸の感がなくなり、やる気は失せる……。





著者 のりたか。
1965年12月生まれ
静岡県静岡市出身
転機は小学三年生。水泳が厳しく脱走し登校拒否となる。担任が変わる小四から復帰。中学は楽譜が読めずにブラスバンドへ入部。譜面を一年で解読する。高校中退後、芸人に憧れ上京するものの、弟子になれず田舎に帰途する。その後、通信高校を七年で卒業。建設現場、トラック運転、郵便配達、演芸場、タクシードライバーなどを経験。同級生の漫画家に便乗しエッセイを出版。書く楽しみを知り近年は物語を書いている。

ご購読をお待ちしております。
表紙提供 メディバン

Price: ¥220

Share