Table of Contents
Author: 中検マスター
Summary: TOEICのスコアとして履歴書などに堂々と記載できる点数が600点からだと言われています。
つまり、TOEIC600点というのは英語に関する一定の教養があることの証明であり、アピールできる最低ラインだと言えます。

600点以下のスコアはある程度、これまでの英語教育の延長でとることができますが、 600点以上のスコアは専用の勉強をしなければ取れません。
それまでの学校教育の範囲に比べ、TOEICでは出題される内容や要求されるレベルが格段に広がるためです。
英語に自信のある学生が何の準備もせずにTOEICを受験して低スコアに終わるのはそのためです。
特に、その土台となる単語はある程度TOEICに特化して学習しないと対応できないのが一般的です。

本書ではTOEIC600点以上を目指すすべての人に、必要となる単語1500語を学習できるよう構成されています。
一般に売られているTOEICの単語集はとても簡単なレベルの単語から掲載されているものが多数ありますが、
本書はTOEICに出てくる中級レベルの単語のみ掲載しています。
英語と日本語を交互に確認しながら、瞬時に意味が思い浮かぶレベルまで学習を繰り返してください。

​また、巻末から単語リストがダウンロードできますので、ぜひご活用ください。
Price: ¥250

Share