Table of Contents
Author: 混沌屋
Summary:  今日、見えている世界が全てですか?
 昨日、聞こえていた声は本物ですか?
 明日、出会うかもしれない人たちは生者でしょうか…。
 霊魂の存在を不文律として心に留めおいてきた文化の果てに、怪談という口伝がある。
 火の無い所に煙は立たぬ。生者は死者の息づかいを、暗闇の底から常に感じてきた。
 闇の静寂〈しじま〉でただ蠢いていたそれらが、命の灯火に憧れ欲して這い出んとする時、あなたはもう逃げられない…。
 読む者の恐怖心を呼び起こす、死と血一色で染まったホラーノベル。
Price: ¥200

Share