Table of Contents
Creator: 川﨑 キヨ
Summary:  少年野球の神代ブレーブスに所属するボクは、キャプテンで4番でサード。
 ある日曜日の朝、山西ライオンズとの試合で河川敷にあるグラウンドにやってきたが、大事なユニフォームを忘れたことに気が付いた。
 監督にこっぴどくお説教されたボクは、仕方がないので監督のワゴン車の奥の奥にあった背番号のないユニフォームを借りて試合に臨んだ。
 どうせ何を着たって同じ。ユニフォームが野球をする訳じゃないから。ボクはボクだし。
 そう思っていた。
 でも、今日のボクはボクじゃなかった。打っては4打数4三振。守ってはエラーばかり。
 試合は大差で負けた。どう考えたって、誰が見てもボクのせいだ。
 ボクは悔しくて情けなくて、ユニフォームを脱ぐと、それをグラウンドに投げ捨てて、みんなが止めるのも聞かずにそのまま帰った。

「圭太君、圭太君……」
 その夜、眠っていたボクはボクを呼ぶ声で目が覚めた。
「誰? 誰なの?」
「初めまして、圭太君」
 ボクは声のする方を見て驚いた。
 目の前には、ボクが着ていた背番号のないユニフォームが正座していた。
 ユニフォームは亡くなった野球好きの章君という少年だった。
 そのユニフォームによって語られた悲しい過去。
 そして、「一度でいいからヒットを打ちたい」という熱い想い。
 ボクは話を聞きながら、涙を流して誓った。
 ボクがこのユニフォームを着て、必ずヒットを打ってあげると……。
 それからボクは、毎日そのユニフォームを着て、一生懸命に練習に励んだ。

 少年野球の監督から告げられた章君の真実。
 章君を想っていたみゆきさんとの出会い。
 そして、周囲の人達の温かい応援。

「代打、森!」
 国分寺エンゼルスとの試合。7回裏2アウト、ランナー1、3塁。
 練習のし過ぎで右手をケガして先発から外れたボクだったが、全ての人の想いを背負って打席に向かった。
 背番号のないユニフォームを着て……。
Price: ¥300

Share