Table of Contents
Creator: 川﨑 キヨ
Summary:  ここは自殺の名所とよばれる海が見渡せる岸壁。
 多くの人がここから海に飛び込んで、尊い命を失った。
 タミさんは50代の女性。
 いつもここでワゴン車を改造した屋台のラーメン屋を開き、絶望に心を失ってしまった人に明るく接して、味噌ラーメンを振る舞い、自殺を思いとどまらせていた。
 そんなタミさんにも、暗い過去があった。
 それは5年前、女手一つで育ててきた愛する一人息子がこの地で自ら命を絶ったのだ。
 そして、その悲しみに耐え切れず、タミさん自身もここへ来て、子供と同じ道をたどろうとした。
 しかし、たまたまここに停まっていた屋台のマスターに呼び止められて、おいしい味噌ラーメンをご馳走になり、死のうという気持ちがなくなった。
 それ以来、タミさんは行方不明になったマスターに代わって、生きる希望をなくしてここを訪れた人達に、こうして味噌ラーメンを食べさせていた。
 しかし、なぜかあの日以来、過去の記憶の多くをなくしてしまっていた。
 そう、ここで味噌ラーメンを食べたあの日から……。
 
Price: ¥200

Share