Table of Contents
Author: 岬健太
Summary: 浮かんできた情景に言葉を繋げました。
喜怒哀楽を表し、目に見えない何かを感じようと想像しました。
題名で大体、雰囲気は伝わるように作ったつもりです。
楽しんで頂ければ幸いです。
Price: Free

Share