Table of Contents
Author: 積緋露雪
Summary: 或る夜に障子に影が映り、なにやら気配を感じた。いったいそれは私の思ひ過ごしに過ぎないのか。
そんなことをうつらうつらと書いた掌編小説です。
Price: Free

Share