Table of Contents
Author: めけめけ
Summary:  20世紀初頭、ドイツの都市ブレーメンに住むダミアン・ネポムク・メルツェルは『人形師』『人形遣い』と呼ばれていた。
ダミアンは誰にもまねのできないような精巧に作られた機械人形=オートマタは、まるで生きいる人間そっくりだという。
ある日、ダミアンに人形制作の依頼人が訪ねてくる。
 エルマー・ベルンシュタイン卿は、殺された妻、アメリアの人形を作り、彼女を殺した犯人の手掛かりを見つけようとしていた。
 ダミアンはオートマタに故人の魂を一瞬宿らせ、死者との対話を可能とするというのだ。
 ダミアンは依頼主に夫人の遺品をそろえるように指示をする。
 その中には死者への冒涜ともいえるような品物も入っていた。
 いよいよオートマタが完成するというときに、ダミアンは依頼主にブレーメン警察のベーレンドルフ刑事に相談するように進めるのだが。
Price: Free

Share