Table of Contents
Creator: のりたか
Summary:  多田義久は元同僚の沢田武志の恨みを晴らすため近隣に住んでいる。だが職に就くと忘れ掛け、五年たつというのにいまだ制裁はしていない。元の職場では後輩である沢田の上から目線に腹が立ち、車に傷をつけるなどのいやがらせをした。それが原因で首になったことを多田はよみがえらせた。年の瀬となり年内にスタンガンで制裁をしようと決める。
沢田は妻子持ちの営業マン。先月、多田が近隣アパートにいるのを目撃し驚がくする。過去を振り返れば、円満な家庭を壊すため、近所にいるのかと引っ越しを考える。
多田は沢田の家庭状況を窓からの監視で知る。制裁は沢田本人だった。日々はハローワークで仕事を探し、失業保険で暮らす。日中は物語の執筆や図書館で無料の映画鑑賞、それに新聞を読んでいる。ある日、沢田の車が二日も駐車場にあるのを不審に思う。多田は図書館で新聞を読んでいると、沢田が児童買春で捕まる記事を目にした……。



著者 のりたか。
1965年12月生まれ
静岡県静岡市出身
転機は小学三年生。水泳が厳しく脱走し登校拒否となる。担任が変わる小四から復帰。中学は楽譜が読めずにブラスバンドへ入部。譜面を一年で解読する。高校中退後、芸人に憧れて上京するものの、弟子になれず田舎に帰途する。その後、通信高校を七年で卒業。建設現場、トラック運転、郵便配達、演芸場、タクシードライバーなどを経験。同級生の漫画家に便乗しエッセイを出版。書く楽しみを知り近年は物語を書いている。

ご購読をお待ちしております。
表紙提供 メディバン

Price: ¥100

Share