Table of Contents
Creator: 川﨑 キヨ
Summary:  ここは「不思議ミュージアム」。
 10坪ほどの狭い館内には、世界中の珍品が集められています。
 ドラキュラのキバ。
 ピノキオの鼻。
 カッパのお皿。
 シャーロック・ホームズのパイプ。
 天使の翼の羽。
 一寸法師の打ち出の小槌など。
 とにかく全部世界にたった1つしかない物ばかりです。
 ほとんどの人がニセモノだと思っていますが……。
 館長はおじいさんのタルさん。でも、年中珍品を探しに世界中を飛び回っているので、おばあさんのハナさんが毎日ミュージアムの受付にいます。
 あいにくお客さんはまったく来ませんが……。
 それでも、時々孫で小学生のヒガシくんとみなみちゃんの兄妹が、学校の帰りに遊びに来てくれます。ハナさんにとって、それは何よりの楽しみです。

 さて、夕方過ぎ、アメリカから帰国したばかりのタルさんが、ある百貨店の屋上にある「くつろぎ広場」で、いつものソフトクリームを食べようと行ってみると、そこには女子大生のしおりさんがいました。とても深くて重苦しい溜め息をついて。
 タルさんはソフトクリームをご馳走して、訳を聞いてみました。
 するとしおりさんは、今夜某一流ホテルで大学生主催のパーティーがあるのですが、お金がなくて履いていく靴を買うことができない、と言いました。
 そして、そのパーティーは2歳上の憧れの高野先輩が誘ってくれたのだ、とも。
 タルさんは話を聞き終えると、何とか力になりたいと思い、リュックサックからガラスの靴を出して、しおりさんに渡しました。
 そう、あのシンデレラが履いたとされるガラスの靴を……。
Price: ¥300

Share