Table of Contents
Creator: keit@
Summary: 名もない子猫は、小さな命を終えようとしていた。
病でその身を赤く染めながら最後に目にしたものは、赤い赤い椿の花。
Price: Free

Share