Table of Contents
Author: のりたか
Summary:  五月の連休にタクシードライバーである中津道夫は酒気帯び運転で逮捕される。留置場に入れば就寝時間だったが現実を考えると一睡も出来なかった。酒好きの中津は仕事を終えれば友人と飲む。家庭を持つ身でもあり飲酒すれば車には乗らなかった。その日は寝過ごし仕事に行くと中津の車両がなく休みをとり自家用車で競輪に行くと少し浮いた。帰りに居酒屋で飲んでしまい蛇行運転を通報され御用となる。
妻である美紀の朝は忙しく食卓を賄っていた。職場は噂話に堪えない女性が多く学生時代の友人もいる。過去、その友人に男を取られていて、仕返しを狙っていた。そんなとき夫が逮捕される。
 中津の房内は三人。二人にいろいろ聞き過ごすことになる。美紀は夫の逮捕で罰金や小さな新聞報道、知人や実家へ知り渡ることなどへの嫌悪感が出てしまう……。



著者 のりたか。
1965年12月生まれ
静岡県静岡市出身
転機は小学三年生。水泳が厳しく脱走し登校拒否となる。担任が変わる小四から復帰。中学は楽譜が読めずにブラスバンドへ入部。譜面を一年で解読する。高校中退後、芸人に憧れて上京するものの、弟子になれず田舎に帰途する。その後、通信高校を七年で卒業。建設現場、トラック運転、郵便配達、演芸場、タクシードライバーなどを経験。同級生の漫画家に便乗しエッセイを出版。書く楽しみを知り近年は物語を書いている。

ご購読をお待ちしております。
表紙提供 メディバン
Price: ¥100

Share