Table of Contents
Author: 伊月
Summary:  表紙が革で出来た本が一冊あった。
 様々な時代を経て、その本は町の裏通りにある美晴堂書店へとやってくる。美晴堂書店店主・美晴源蔵から常連客の蓮戸響はその本を譲渡され、不思議な男に出会うことになる……。
 哲学的(?)不思議物語。
*****************
 少々長めの中編程度かと思います。
 人の欲というものにスポットを当てていますので、多少哲学的(?)な回りくどい言い回し等も有ります。読むのに時間がかかるかもしれません。すみません(;´Д`)
Price: Free

Share