Table of Contents
Author: グレイ・ヴィクティム
Summary:  オレの“今”の名前は、グレイ・ヴィクティム。
 相棒は最高に居心地がいいリクライニングのバケット型シートの操縦席を持つ〈ルーム〉。通称カマロ。
 オレは取材を終えると、そのカマロに乗り込み〈狭間〉に漂い、ウェアラブルグラスで撮影した数日間の取材を再生しながら、レポートを書き始める。そして、書き上げたレポートをいつも適当なサイトにアップしておく。誰かが見るために。
 これを書いている間は、オレはまだ生きているということだ。
 別に誰かに強制されているわけではないので、書くことを辞めることだってできるが、せっかく始めたことだ、生きている間は、これを続け、後世に残そうと思う。

 今回は以前早々に退散したD078を再び訪問した。
Price: Free

Share