The illustration / manga posting site "MediBang!" Has become "ART street" !!
Latest 朔羽ゆき’s art

ART street Ranking

Final Round LEVEL 3

Views

76

6 months ago

  • 挿絵

  • 小説

  • オメガバース

  • 小説挿絵

小説『ただΩというだけで。』著・彩月志帆さん
https://estar.jp/novels/25284114

P354~【番ーつがいー】
挿絵描かせて頂きました。




*****

「ユキ。」

自分を呼ぶ声に、懐かしいと感じる前に胸が震えた。
津田が顔を上げると、そこに立っていたのは、ずっと会いたいと思い続けていたその人だった。

「佐伯…… ?」

すぐ目の前に、愛しい人がいる。佐伯駿介は大きな半月形の目を細めて津田を見上げていた。

胸が締めつけられるような想いで、津田は震える手を伸ばした。頭一つ分小さい佐伯の身体が、腕の中にすっぽり収まる。慣れた抱き心地。背中の低い位置に回される腕の感触。津田は全身から力が抜けるような安堵を覚えた。

(あぁ、よかった。
なんか、悪い夢を見てた気がする…… )

夢の内容は覚えていない。重荷を背負って夜中の海を泳ぐような、つらく悲しい夢。その印象だけが、脳裏にこびりついている。
佐伯のサラサラした前髪に鼻を埋めると、懐かしい日なたの匂いがした。

チリ、と、小さな違和感が頭をかすめる。
それが津田の胸に、小さな波紋を起こした。

腕の中の佐伯は、不思議そうな顔で見上げている。その頬を手の甲で撫でると、彼は子どものように肩をすくめて笑った。
愛らしい笑顔。愛しさと懐かしさで胸がいっぱいになる。

(どうして、懐かしいと思うんだろう…… ずっと一緒にいたのに…… )

佐伯が腕の中にいる。ただそれだけで、涙が出るほど嬉しい。それなのに、ざわざわとした違和感に、ひどく落ち着かない。何かがおかしい。でも、何がおかしいのか分からない。
津田はつかみどころのない不安を覚え、佐伯の顔を覗きこんだ。

**

「話を…… 」

津田が切り出すと、先を促すように佐伯が見上げてくる。そのつぶらな瞳が、たまらなく懐かしい。

「話したいことが、たくさんあるよ…… 」

話したいことと、謝りたいこと。
たくさんの感謝と、懺悔と、謝罪。
いつかまた会えたら、一番に謝ろうと思っていたことーー


****
小説文お借りしています。

Related

    Popular Illustrations

      Comments

        Level up today