• 0

My Space

News

Pin

幾域社寺巡礼(特):東寺御修法(みしほ) 18.01.14

幾域社寺巡礼(特):東寺御修法(みしほ) 18.01.14
https://blogs.yahoo.co.jp/t_finepc/71447869.html

※ 画像多数につきリンク先をご参照ください。


執筆BGM:君がくれたシャイニングストーリー/七森中ごらく部 ←^^;

ーーー



そのちゃんから引用です^^


非公式太秦その@京都交通・社寺用語解説等


@sono_traffic
9時間9時間前
その他
【御修法(みしほ/みしゅうほう)1】 … 延暦寺、東寺の最重要行事です。もともと宮中に僧を呼び儀式をする意です。東寺では、現在1/1~1/7に皇居で神式で執行されることに続き、1/8~1/14に「後七日御修法」として、寺院では珍しく定期的に勅使を派遣、



非公式太秦その@京都交通・社寺用語解説等


@sono_traffic
9時間9時間前
その他
【御修法(みしほ/みしゅうほう)2】 … 天皇の着衣である御衣を形代に、真言各派(金剛峯寺の高野山真言宗、川崎・成田・高尾なども所属する智積院の智山派なども真言宗です)の代表らが集い、灌頂院にて法要がなされます。最終日は灌頂院が公開され、また勅使が京都御所に御衣を戻します。



非公式太秦その@京都交通・社寺用語解説等


@sono_traffic
9時間9時間前
その他
【御修法(みしほ/みしゅうほう)3】 … 延暦寺では4月に天台各派代表らが集いこちらも勅使持参の天皇の御衣を形代に「御修法大法」として法要を執行します。三社勅祭のうち5月、北方の賀茂にて葵祭が執行されますが、南方の東寺にて1月に御修法、



非公式太秦その@京都交通・社寺用語解説等


@sono_traffic
9時間9時間前
その他
【御修法(みしほ/みしゅうほう)4】 … また、鬼門延暦寺で4月に御衣を用いる御修法に対し、9月に裏鬼門石清水にて仏教色の強い例祭旧放生会が執行され、これらから神仏習合の度合いがうかがえます。



さてTLを追ってみます。


***
東寺では御修法というのをみた。真言宗のいちばんえらいかたがいらしてたらしく✨



***
そうか、今日は後七日御修法の結願日だ。RT



***
後七日御修法は高野山ではなく、東寺でおこなれるのね。
東寺には、ほとんど人が訪れない場所に大元帥明王が祀られているけれど、お堂に近寄るだけで腰が引けてしまう怖さがある。



***
後七日御修法の後拝みに行ってきました。赤い番傘が美しい。今年は金剛界。高野山の見知った方々もたくさんお見かけしました。薄暗い潅頂院の中は独特な空気感で、各壇にはその名残が。模写とは言えお軸もすごすぎる。圧倒されて足が止まってしまうのを人の波に流されながら観てました。



***
今日は後七日御修法の結願日。今年は事情があって参拝は断念、来年こそは、参拝させて頂きます🙏



***
後七日の御修法結願後の参拝、終わり。11時前から並び、お堂への入堂が始まったのは13時前。さすがに最後は体が冷えてきた。
お堂の中は去年よりも明かりが増え、掛けられたお軸もよく見えた。両界曼荼羅図、五大明王図は本当に美しかった。感動。そして、聖天壇。今年も間近でお厨子に参拝。感動!



***
まさに二十年来の願いが叶った後七日御修法のときの参詣。偉大なる曼荼羅を拝することができた幸せ、言葉にならぬ思い
酷寒の日々の修法はままならぬこと。だが御仏の恩恵を真に授かるありがたいものである
もうそろそろ終わりかな…



***
雨中、膝を地につけ僧列を見届ける金棒引きの男性。#御修法 #後七日御修法
https://twitter.com/nanzanbou/status/952889752100859911



***
かねてからの希望が叶い後七日御修法の東寺に。後拝みは薫りを感じられとても感激しました。
https://twitter.com/ayuzakh/status/952478127581667330



***
久々に本山にやって来ました。本日で後七日御修法が結願しまして、この後、灌頂院内の後拝みがあります。後拝みについては以前ツイートをまとめましたのでご参照下さい。
https://togetter.com/li/241538

写真は加持された陛下の御衣を預かる勅使さんの休憩所である小子房
https://twitter.com/asahiji_myoko/status/952385600442609664



ーーー

今回はTLを追ってみました。

案の定…そのちゃんのこの勅使派遣の4行事って葵祭以外知る人ぞ知る的な--;



イメージ 1


灌頂院~小子房 と紙垂つきの縄が張られています。



イメージ 2


小子房前のこの青い直垂?の方ですが他でも上がっています。

勅使門ありの寺院はよくあるのですが、毎年使用となるとあとは秋篠宮さんが毎年使用してはる泉涌寺とかでしょうか。
延暦寺の御修法は根本中堂ですがあそこに勅使門はありましたっけ…


 
イメージ 3

イメージ 4


さて出てきゃはりました。先導が今年担当の派の管長さんとかでしょうか?
その後のスーツの方が勅使さんと見受けられます。ここ通る方は限られますので。
でちょっと気になったのはドレスの女性の方です。最近は女性の勅使さんもやはるんでしょうか。

いずれにしろ多分「『勅使さん』によって『使用されている最中の勅使門』」の瞬間です、あんまりないはず…^^;

ちなみに葵祭は勅使参加は祭文などを奏上する社頭の儀で、路頭の儀の方で見る勅使役は「勅使代」になります。



イメージ 5


東京御所で1日からやっていた御修法が今年も結願となり、灌頂院から御衣を回収し小子房に戻します。
また青の直垂?の方が先導です。



イメージ 6


担当派管長さんなど?2名の後、勅使さんです。この順番からいうとおそらく。



イメージ 7


続いて唐櫃です。こちらに御衣を入れています。



イメージ 8

イメージ 9


勅使さんと前後の僧侶が勅使門を使用します。

後ろに各派の代表僧侶が続きます。
後でいただいたお守りに今年は勧修寺流とあり、そこの画像に映っている僧侶が赤の傘の先頭の方と見受けられましたのでこちらが勧修寺の代表の方かもしれません。
調べるのが疲れましたので憶測になります、おそらく詳しい方がおられると思います^^;



イメージ 10

イメージ 11


勅使門使用は勅使さん方のみのようです。
こちらの赤の傘の僧侶は御修法を執行した真言各派の管長などの代表の方々です。
その後、何かの鐘&唱をする中年の女性の方々が続きます。



イメージ 12


合間を見て無料で入れる食堂(じきどう)へ。
この南2棟からが有料ですので^^;
講堂―金堂とあります。3棟連続の配置自体は創建当初からです。
曼荼羅を立体でやっているのが講堂になります。



イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15


で結願後の約1時間のみ、御修法を執行した灌頂院が公開されます。
今年は「勧修寺流」とありましたのでおそらく他のスタイルもあると思いますが、20畳?ほどの部屋の東西に上から左右幅数mの曼荼羅図を掛け、またその前他に各種仏具などが置かれていました。
なお移動式で、立ち止まり、これへの参拝は遠慮した方がいい感じの誘導でした。

イメージ 16


右が通常の東寺のお守り、左が御修法のお守りです。

東寺・教王護国寺はどちらが正称かで論争がありますが御修法では教王護国寺の名称となっています。

何気に知られていないようで、「王に教えを説き国を護る」ということでときどき上から目線な名称と言われたりします、歴代帝も好んで後者を用いていたりしたらしいんですが^^;

解説によるとこのお守りですが、皇居の今上さんの居室の隣室に観音さんがあり、その観音さんに祈祷して作ったとのことです。

Comments 0